TOP
VOICE

CUSTOMER'S VOICE

お客様の声

テラスで楽しむ、家族のひととき -下山手通の家-

インタビュー担当者 TIDE.を知ったきっかけは?

F様 家を建てようと考え始めたとき、まず住宅展示場のモデルルームに足を運んだのですが、自由が利かずにいっぺん通りの提案しかしてもらえませんでした。もっと我々の希望に耳を傾けてくれるようなところがないか探していたとき、知人の紹介でTIDE.さんと出会いました。オフィスの雰囲気がとってもおしゃれで驚きましたね。

インタビュー担当者 担当者からは理想通りの提案がありましたか?

F様 
ぼんやりとした希望であっても、何か伝えればその倍の提案を返してくださったことがうれしかったですね。常識にとらわれることのないような自由度のある提案をしていただきました。担当者さんは知識も豊富で、センスの良さに惚れ込んでお願いすることに決めたという感じです。

インタビュー担当者 お家の“こだわり”について教えてください。
 
F様 一番は担当者さんが提案してくださった、テラスですね。当初は客間にしようと考えていたスペースだったのですが、「いっそのこと、テラスにしてみませんか?」と問いかけられて、驚きながらも確かにいいなと思って決めました。今では魚を飼うのが趣味ですので鉢を置いたり、家族4人でBBQを楽しんだりしていますよ。二つ目は特注したキッチンのタイル。透明な間仕切りとなっていて普通の壁にするよりも圧迫感が少ないんです。知人が訪ねてきたときにも必ず褒めてもらえます。

インタビュー担当者 住み心地はいかがですか?

F様 前の家を建てた際には希望をそのまま実現してもらうことができず、住んでみると結局不便な思いをすることもありました。この家には玄関もリビングも明るく設計していただき、ストレスを感じる箇所もありません。子供たちも部屋にこもらずにリビングで過ごす時間が増えたり、お友達を招いたり…。家族だんらんのひとときを楽しむ機会が格段に増えましたね。

ボルダリングに喜ぶ子供の声がひびいて -渦森台の家-

インタビュー担当者 TIDE.を選んだ理由はどこですか?
​​​​​​​
​​​​​​
Y様 まず、ハウスメーカーの出来合いの家にはどうしてもしたくなかったので、その点TIDE.さんはいろいろと提案や選択肢を出してくれるだろうと考えてお願いしました。設計と施工の機能がひとつの会社の中にあるということで、最初から最後まで一貫してお願いできたこともメリットでした。

インタビュー担当者 打ち合わせの際に印象に残っていることは?

Y様 
特にキッチンについて細かな希望を話したとき、柔軟に対応してくださったことですね。妻が料理教室をやっているため、横で私が聞いていてもなかなか無茶なことをお願いしているなと思ったほどなのですが(笑)、アイランド型にして仕切りをなくしたり、生徒さんとデモンストレーションがしやすいように水回りの位置を変えたりと、工夫していただきました。一方でインテリアについてはすべてTIDE.さんの提案にお任せして、その中から私たちが選んだような形式です。斬新なアイデアの家具を持ってきてくださったり、タイルの一つひとつにまでこだわったりと、細かく決められたのが良かったですね。

インタビュー担当者 子供部屋のボルダリングが斬新ですね。

Y様 子供が家の中で安全に楽しく遊べるスペースがほしいと思っていたとき、担当者さんに提案してもらいました。2階と3階をボルダリングでつなぐことで子供にとって行き来がしやすく、しかも楽しいというおまけつき。本人もとても喜んでいて、小さい頃は真ん中くらいまでしか登れなかったのですが、今では大きくなって楽に登るようになりました。夜に外から見るとカラフルなボルダリングに光が当たってオブジェのように見えるようで、近所の方からも「おしゃれな家が建ってるよ」と声をかけていただくことも少なくありませんよ。

住みながらカスタムしていく醍醐味 -森北町の家-

インタビュー担当者 ご自慢のポイントを教えてください。
 
K様 窓が大きく、日光や風がたくさん差し込んでくるので自然とともに生活できているなと感じています。昼間は鳥のさえずりが聞こえるほか、窓を開ければ愛犬が駆け出していくほどですよ。また、リビングとキッチンには仕切りがないので家族がいつも集って会話が増えたように思います。友人がお茶をしに集まった際には、私がキッチンで何か作りながらでも皆との会話に混ざることができるところも気に入っています。階段から外の風景が眺めてラックスするような時間も増えました。この階段からは芦屋の花火も見えるんですよ。

インタビュー担当者 インテリアはどのようにして決められましたか?

K様 特にソファは座り心地やデザインを重要視していました。存在感はあるけれど重々しい感じがなくリラックスできるような形、色は子供がいるので汚れが目立たないようなナチュラルなものを提案していただきました。内装は白をベースに統一して、ところどころにポイントでタイルを使っています。担当者さんに色々とご提案いただいて、主人や子供たちと一緒に最終決定していきましたね。
 
インタビュー担当者 お住まいになって3年とのことですが、今後こうしたいというような箇所はありますか?

K様 子供たちが大きくなってきて、生活ぶりも少しずつ変わってきました。最近では本人たちが“庭で友達とBBQをしたい”とか“ハンモックを置きたい”とも言っていて、子供たちだけでくつろげるような空間を作ってやるために庭の配置を変えていこうと考えています。また、キッチンの背面収納は「ものを隠せる」という意味でももちろん便利なのですが、子供の成長とともにものをしまう位置を入れ替えられるのが利点です。気に入っている箇所はそのままに、家族のあり方に合わせてカスタマイズできるつくりになっているところが気に入っています。